東京で太陽光発電設備を導入しましょう

東京は超高層ビルが並び立つというイメージがあるので太陽光発電には向かないように思えますが、東部の足立区や荒川区など再開発が進み、ヤング世帯が流入している地域では、設備を導入するチャンスの場所といえます。
いわゆる減災の観点からも設備の導入を勧めていくことが大切です。
首都の電力供給は東京電力福島第一原子力発電所の事故のときに計画停電の地域になっただけあって、災害があったときに脆弱といえます。
住民の暮らしを支える電力は住民の力で守らなければなりません。
その切り札として太陽光を使った発電設備があります。
災害時に計画停電の地域になったとしても、設備を導入した家庭では、昼間に日光が当たりさえすれば発電をして電気を得ることができるのです。
災害の時に情報弱者であることは生死にかかわる問題です。
携帯電話は不通になっても、自家発電ができれば、テレビやパソコンのインターネットから情報を得ることができます。
配給の場所や避難箇所、今後どのような行動をとればいいかがわかります。
また、電気が使えることによって夜の暗闇の恐怖から逃れることもでき、電気器具を使ってお湯を沸かしたり、炊事や炊飯をしたりできます。
オール電化にしてガスの契約を解除しておけば、自宅からガス漏れやガス爆発の危険がなくなります。
火災発生のリスクも少ないです。
安全で安心、クリーンな再生エネルギーである太陽光を使った発電設備の導入は、近く発生が予想される東海大地震の被害を減らす対策にもなっています。