杉並区の太陽光発電助成事業

東京都杉並区では、環境保持および省エネルギーなどに対する取り組みとして、太陽エネルギー利用機器や省エネルギー機器の導入に対する助成を行っています。
対象となる太陽光エネルギー利用機器には、太陽光発電システム、強制循環式ソーラーシステム、自然循環式太陽熱温水器があります。
過去に同一の助成を受けていない人であれば、各機器につき1回助成を受ける事が出来ます。
null太陽光発電システムの助成金額は1kwあたり4万円で、上限額が12万円となっています。
平成24年度からは、区内中小企業、管理組合、区内賃貸住宅を所有する区民も補助の対象となりました。
定められた受付期間内であっても、予め決定されている予算額に達した場合は、受け付けが終了されることになっています。
補助を受けるにあたっての条件がいくつか定められています。
杉並区内に自ら居住している住居に太陽光発電システムの機器の搭載を行う予定の人です。
新築の際に一緒に導入する場合も対象となり、店舗兼住居という形態であっても受ける事が出来ます。
機器はリースは不可で、新品を導入した場合のみに限られます。
いずれも、事前の申請が必要です。
申請から機器の設置、設置完了報告書の提出までを、受付期間内に終了させることとなっています。
申請は杉並区役所地域エネルギー対策課地域エネルギー対策担当が受付窓口となっており、提出は直接持参する事が必要です。
申請に必要な書類は申請書ダウンロードサービスを利用する事が出来ます。