買い時はいったいいつ?

太陽光発電システムの買い時はいったいいつなのだろうと考えている方は多いでしょう。
東京都内の住宅街でも太陽光発電システムを新たに設置する住宅がかなりのペースで増えており、住宅の屋根に設置されたソーラーパネルを頻繁に見かけるようになりました。
太陽光発電システムを設置する時には、設置後15年~25年、可能であればそれ以上の期間発電システムとして活用しようと考えて購入するわけです。
購入設置時に必要な初期費用の負担が大きな設備であるだけに、設置を検討されている方は一番お得に購入できる時期を見極めたいと考えるでしょう。
太陽光発電システム本体の価格に占める割合が高いソーラーパネルは、製造メーカー間の競争が激化しており販売価格が下落の傾向にあります。
ですが、設置時に必要な施工工事費というのは、今後もおそらくほとんど変わらずに推移するでしょう。
人件費が上昇する可能性のほうが高いですから、施工費は今後高くなる可能性もあります。
トータルの諸費用は今後さほど変わらずに推移すると想定されますから、補助金が支給される今が買い時でしょう。