自宅に太陽光発電を付けるなら、築年数を把握して下さい!

最近、太陽光発電でちょっとメジャーになっている会社に行きました。
面会したのは、経理部門トップの方で、非常にお話し好きで好感の持てる方で、こちらの営業にもかなり真剣に話しを聞いていただきました。
仕事の話が終わり、前々から気になっていた太陽光発電について質問しました。
「貴社はかなり太陽光発電に積極的に取り組まれていますが、相当メリットはあるのですか?」
回答は有りとのことでした。
nullまず、現在は国の補助もあるので、買い取り価格が相当高い。
設備投資である程度は費用がかかりますが、10年程度でペイでき、国の補助期間20年であれば、利益を得ることができるとのことでした。
また、これはオフレコですが、太陽光発電は人と違い、365日働くということで非常に効率的ということらしいです。
経理トップからは、「今ならご自宅に設置するのが絶対に得ですよ!」との熱弁がありました。
それなら、経理トップもご自宅に太陽光発電を設置されているんですね!と言いかけたとき、
「残念ながら、うちは付けてないのですが~」とのこと。
聞くと、ご自宅が築30年近くなっており、耐用年数からそろそろ補修か、建替えが必要になっているらしいです。
太陽光発電の高価買い取り期間20年を考えると、設置しても利益を得る前に発電装置を外す可能性が高いということらしいです。
ご自宅に太陽光発電を設置する予定の方は、失敗しないためにも、ご自宅の築年数と買い取り期間をしっかり比べて下さい。
利益を得る前に外すという最悪のパターンに陥るかもしれませんので必ず確認しましょう。