非常時用に導入するときの注意点

墨田区にお住まいの方で、災害時や停電時などに備えて太陽光発電の導入を考えている人も多いと思います。
東日本にお住まいの人は地震による計画停電を経験していますから、そういった気持が特に強いかもしれません。
ただし、太陽光発電を非常時用に導入するときは、いくつか注意しなければならないことがあります。
まず大前提として、太陽光発電システムが自立運転機能に適応していなければなりません。
太陽光発電は太陽の光さえあれば発電ができると考えがちですが、それは間違いです。
太陽光発電システムが稼働するためには電力が必要になります。
ですから、自立運転機能がない太陽光発電システムでは停電などで電気が止まってしまうと発電することができなくなってしまうのです。
比較的新しい機種では自立運転機能が標準で備わっているので特に意識することはないでしょうが、中古の太陽光発電を購入するのならば、しっかりと確認するようにしたほうが良いでしょう。
自立運転機能が備わっている太陽光発電システムならば、基本的に停電などの非常時に太陽電池で発電した電力を使うことができます。
ただし、利用にはかなりの制限があります。
まず、自立運転機能で使うことのできる電力は1.5kWまでに制限されます。
1.5kWあれば室内の照明やテレビ、冷蔵庫・ノートパソコン・携帯電話の充電くらいなら同時に行ってもまったく問題ないレベルですが、エアコンや電子レンジを使うと容量オーバーになってしまう場合があります。
また、自立運転機能のときは通常使っているコンセントからでなく、専用の非常時用コンセントから電気を取る必要があります。
さらに、自立運転機能のある太陽光発電システムであっても夜間には使うことができません。
当然ですが、太陽光発電は太陽が出ている時でなければ発電することができないからです。
ですから、非常時の夜間にも電気を使いたいのならば、発電した電気を貯めておくための蓄電池を購入しなければなりません。
蓄電池設備はまだまだ高額なので、設置にはさらなる出費を覚悟しなければなりません。