売電時の設定額に注目

太陽光発電をしていく時には、価格として注目していくのが売電価格です。
売電価格は太陽光発電として避けてみてはいけない存在になっているのです。
太陽光発電としっかりとかかわりがあるものになっていますので、売電価格の設定額を確認しておくことが必要です。
そして売電というシステム自体にも注目をしていかなければいけません。
では、売電というものですが、余剰電力買収制度というものです。
余剰電力買収制度の中身なのですが、余った電気を電力会社に売れる制度となっています。
これにはいくつかの条件があります。
太陽光システムを設置したり増設した場合でも、設置容量が10KWh未満であれば適用されるものがあります。
それは、買取り開始時の価格が適用されるというものになっているというわけなのです。
買取り開始時の価格設定なのですが、実は一般的な電力の価格よりもかなり高めに設定されています。
2012年から2013年の春にかけては1kwhあたり42円になっているのですが、これは一般的な価格に比べまして高額です。
有利な状況で売却ができます。
そしてその有利な条件での売却ができる期間が10年間ということになるのです。
10年間は有利な価格で売却ができるというものになっていますので、注目できるものになっています。
2012年から2013年の春にかけては42円設定と書きましたが、実は昔はもっと高かったのです。
2010年前後でしたら、1kwhあたりですが48円という価格になっていました。
どんどんとお値段は下がってきていますので、少しでも早く太陽光発電システムを導入していくことが、肝心であるということがよくわかるでしょう。
どんどんと買取価格の設定は下がると予想がされています。
現実的にそうなっていますし、電力会社の負担も大きいのが現実です。
少しでも早く導入できれば、太陽光発電を有利に進められます。
売電時の価格の設定に注目することで、いろいろと見えてくる部分もあるというわけです。