新しいものに変えた感想

二十年ほど前に、築数年の我が家にも太陽光発電を導入しました。
null当時のものは、銀色のものを屋根に乗せる感じの商品ばかりで、見た目が非常に悪かったことと、性能もまだまだ発展途上の段階で、曇りの日などはお風呂の追い焚きをするほど電力を得ることができず、正直コストパフォーマンス的にはかなり不十分でした。
また、保証の面もほとんど充実しておらず、私の家に設置したものは4年で故障してしまったのですが、修理するためには設置するのと同じくらいの費用がかかると言われましたし、下ろすにしてもかなりのお金がかかると言われ、つい最近まで使えないものが屋根の上に載せられたままでした。
そんな中、数十年来の付き合いの電気屋さんから、太陽光発電についてパンフレットをもらう機会がありました。
一度大失敗していたのでもうつけないでおこうと思っていたのですが、最近のものは性能がよく、保証やメンテナンスの面でもサービスが充実していることを知り、少し興味が湧きました。
そして結局つけることにしました。
昔はお風呂を沸かすのもやっとだったのに、今はお風呂を沸かして食器もお湯で洗っても余っています。
また、昔とは違って私たちも年をとったために、エアコンを使う機会が増えたことと、定年して四六時中家に居ることが多いのでエアコンを一日中つけっぱなしのことも多く、電気代が心配だったのですが…省エネタイプのエアコンを太陽光発電での電気で稼働させているのでそれほど響いているとは感じません。
年齢を重ねると、空調は重要なので、支払い能力があるときから準備しておいてよかったと思っています。