必要なエネルギーは、生み出す努力も必要です。

東日本大震災の後に、ずっと騒がれているのは節電対策です。
供給される電力に対して、消費する電力が追いつかなくなってしまうと、大都市停電を引き起こし大変なパニックとなります。
そのために、特に夏場では厳しい節電対策が要求されます。
原発の稼動について賛否両論の時代ですから、よりいっそう真剣な問題となっています。
しかし、節電だけではなく、対策の一つとして太陽光発電の導入という方法があります。
ただ電気を消費したり、節約するだけではなくて、自分たちの必要な電気は各自がまかなう努力も必要だと思います。
各家庭で導入する事ができれば、自分たちが必要な分をクリーンなエネルギーで少しでもまかなう事ができます。
しかし、東京では設置に対してはいくつかの注意が必要です。
密集している住宅が多いので、自分の家が、太陽光発電の設置に適しているかどうかを判別する事が大事です。
せっかく設置をしたのに、日光が当たる時間が短くては意味がないのです。
十分に、発電する見込みがあることを確認できれば、導入に前向きに検討するべきだと思います。
他にも、節電だけではなく地球環境に配慮する意味でも太陽光発電は力を発揮してくれます。
地球に優しく、家計にも優しい対策ができたら素晴らしい事だと思います。
導入には費用もかかるので抵抗感はありますが、それを差し引いても十分なメリットがあります。
電気を大量に必要とする大都市だからこそ、消費するだけではなく生み出す努力をしていくべきです。